コエンザイムq10効果副作用.com

実際にサプリを使ってみた・買ってみた感想とレビューを解説

メイン画像
menu menu
menu menu
menu menu
menu menu
画像

  • 大
  • 中
  • 小
なぜコエンザイムQ10が必要不可欠とされているの?

私たちの体は約60兆個の細胞が組み合わさって形成されています。
当たり前のように、日常生活を送ってきていますが、これら一つ一つの細胞が正常に働くことで、普段通りの生活ができているわけです。

私たちの体は日々、新陳代謝を繰り返し、新たな細胞を作り出しています。
そして、食事などから摂取したエネルギーを消化して、吸収することで体を動かすことができます。
また脳を活発にさせたり、運動を行う時には多くのエネルギーが必要になります。
これらの栄養素を生み出すために働いているのが、酵素や補酵素になります。

さらに酵素は補酵素と組み合わさることで、体に必要な栄養素を作ることができます。
そのため、どちらの栄養素も私たちの体には必要なものといえます。

補酵素として最も有名な有効成分が、コエンザイムQ10です。
心臓にあるミトコンドリアという細胞の中から、オレンジ色の物質が発見され、それがコエンザイムQ10と名付けられました。
補酵素のン化でもコエンザイムQ10は、心臓だけでなく私たちの体の60兆個の細胞のほとんどに含まれているということが分かりました。
なのでコエンザイムQ10は、体のあらゆる場所で、必要な栄養素を作り出す働きをしてくれています。
よってコエンザイムQ10が減少してしまうと、体のいろんな細胞へ影響を与えてしまいます。

そして残念なことにコエンザイムQ10は年齢を重ねるごとにどんどん減少してしまうことが分かっています。
例えば20歳のときがコエンザイムQ10の量が100%だと仮定します。

年齢とともに減少が進み、臓器によっても減少の仕方に違いがあるのも特徴です。
例えば、肺に含まれるコエンザイムQ10は40代になっても100%あるといわれています。
しかし40代をさかいに一気に減少し、80代には50%と半分に減ってしまいます。

また減少が最も多いのが心臓の中のコエンザイムQ10です。
40代には70%をきり、40代には半分の50%、80代には40%とどんどん減少してしまいます。
特に心臓は、私たちが活きていくためには一番重要な臓器です。
心臓が正常に働くことで、体の末端まで血液をしっかり送り出すことができます。

心臓のコエンザイムQ10が減少してしまうと、心筋梗塞などの心疾患、低血圧など心臓機能の低下によっていろんな病状が発生してしまいます。

Copyright© 2010 i heart CoQ10 All Rights Reserved.