コエンザイムq10効果副作用.com

実際にサプリを使ってみた・買ってみた感想とレビューを解説

メイン画像
menu menu
menu menu
menu menu
menu menu
画像

  • 大
  • 中
  • 小
コエンザイムQ10が含まれる食品とはどのような物ですか?

サプリメントは1日数粒摂取するだけで、1日の必要な摂取量を簡単にクリアすることができます。
なのでサプリメントを日常生活に取り入れている人もとても増えてきました。
そんなサプリメントももとは、植物や動物などに含まれている有効成分を摂取して作られています。
特定のものから抽出して、濃縮することで1日に必要な摂取量を摂取することが可能になっています。

なので多くのサプリメントは、食材から必要な要素を摂取しようと思ったらできないことはありません。

それでは今人気の高いコエンザイムQ10を食材で出資しようと思ったらどのようなものから採取することができるのでしょうか。
コエンザイムが多く含まれている食材としては、牛肉、豚肉、鶏肉、レバーといった肉類からも多く摂取することができます。
それ以外では、イワシやサバなどの青魚や鮭やマスやウナギにも含まれています。
植物性のものでは、キャベツ、ブロッコリー、ホウレンソウ、枝豆、大豆、ピーナッツなどにも含まれています。

コエンザイムQ10は以外にも、身近な食品で摂取できるということが分かります。
さらにこれだけ多くの食品から摂取できるのであれば、サプリメントの必要がないのではと思う人もいるでしょう。

しかし1日の摂取量100㎎を確保しようと思ったら、実はかなりの量が必要になります。
例えば、コエンザイムQ10が多く含まれている牛肉であれば1日当たり3キロ摂取しなくてはいけません。
イワシであれば1日20匹といわれています。
なので現実的な食事で摂取しようと思ったら非現実的だといえます。

さらにコエンザイムQ10は50度以上加熱してしまうと、有効成分が死滅してしまう可能性があります。
なので、コエンザイムQ10の栄養素を確保するためには、生で摂取するのが理想です。
そうなると牛肉やイワシは適していないということが分かります。

野菜で摂取しようとするとブロッコリーで12キロ取らなくてはいけません。
そうなると食材でコエンザイムQ10と取りきるのが難しくなります。
さらには余分な栄養素まで一緒に接ししてしまうため、とても偏った栄養素になってしまいます。
それであれば、手軽に摂取できるサプリメントであれば余分な栄養素を摂取する必要もありません。
毎日の食事でも意識しながら摂取して、足りない分をサプリメントで補給するということがとても大事なのでなないでしょうか。

Copyright© 2010 i heart CoQ10 All Rights Reserved.