コエンザイムq10効果副作用.com

実際にサプリを使ってみた・買ってみた感想とレビューを解説

メイン画像
menu menu
menu menu
menu menu
menu menu
画像

  • 大
  • 中
  • 小
エネルギーの源と呼ばれるコエンザイムQ10とはどのような物ですか?

私たちの体には約60兆個の細胞が組み合わさって、体が出来上がっています。
それぞれの細胞が細胞分裂を繰り返し、新しい細胞を作り出すことで健康体を保つことができています。
そんな多くの細胞のほとんどに含まれているのが、コエンザイムQ10です。

コエンザイムQ10は、補助酵素としての役割があります。
補助酵素は酵素と組み合わさることで、多くのエネルギーを作り出しています。

中でも私たちの生命維持のために必要なエネルギー物質の中に、ATPという物質があります。
ATPという物質は、アデノシン三リン酸といわれ、このエネルギー源を作り出すためにはコエンザイムQ10が必須だといわれています。

仮にもしこのコエンザイムQ10が不足して、ATPが減少してしまうと心肺機能に大きな影響が出てしまいます。
心臓の機能が低下して、動機や息切れといった症状が出てしまいます。
この状態が長く続くと心筋梗塞などの心疾患を生み出してしまいます。
なのでコエンザイムQ10は私たちの体にはとても重要なエネルギー源だといわれる要因とも言えます。

コエンザイムQ10はもとは、心臓にあるミトコンドリアという小器官から発見されました。
そして私たちの体のエネルギーを作り9割が、このミトコンドリアによって作り出されます。
そのミトコンドリアの中で、活躍しているコエンザイムQ10というわけです。

そして私たちの体に必要なエネルギーとして、たんぱく質や炭水化物や脂質が主にあげられます。
これらの食材を摂取して、消化分解し、体に必要なエネルギー源を作り出しています。
その時に必要になってくるのが、コエンザイムQ10の働きです。
コエンザイムQ10は、エネルギーを作り出すために必要な細胞のコントロールをしています。
そのため、コエンザイムQ10が不足してしまうと、正常にエネルギーを生み出すことができなくなってしまいます。
よってエネルギー不足に陥ってしまう場合が多いです。

私たちの体の形成には多くのエネルギーが必要であります。
そのエネルギー源を作り出すためにもコエンザイムQ10の役割は重要になります。

Copyright© 2010 i heart CoQ10 All Rights Reserved.