コエンザイムq10効果副作用.com

実際にサプリを使ってみた・買ってみた感想とレビューを解説

メイン画像
menu menu
menu menu
menu menu
menu menu
画像

  • 大
  • 中
  • 小
皮膚科でもらうコエンザイムQ10クリームは化粧品として認識しても問題ないですか?

私たちの身の回りにサプリメントが多く存在しています。
いろんなサプリメントがある中で、自分の体に必要な栄養素や足りていない栄養素を補給することができます。
あくまでサプリメントは、健康補助食品としての扱いになります。
なので自分の判断で、自分の責任の基購入を決め摂取することになります。

なのでだれかが判断してくれているわけでもなく、経過を見守ってくれるわけでもないです。
ということは、あくまでも自分で納得して継続して使うのかやめるのかという判断をしなくてはいけません。
そして専門的な知識がない場合は、自分で成分について調べて間違った方法をとらないように気をつけなければいけません。

それはどのようなサプリメントでも共通して言えることになります。
例えば、今人気のあるコエンザイムQ10もいろんな商品に含まれています。
サプリメントだけでなく、コエンザイムQ10は化粧品にも含まれています。
コエンザイムQ10は美容効果が高いため、基礎化粧品から美容クリームまで含まれています。
なのでドラックストアなどでも簡単に購入することができます。

ただし中には、深刻な皮膚の症状に悩まされ皮膚科で診断を受ける人もいます。
そこで薬として処方されるクリームの中にはコエンザイムQ10が含まれている場合があります。
この場合のコエンザイムQ10のクリームは化粧品のクリームとは違いがあるのでしょうか。

まず一番大きな違いは、コエンザイムの含有量です。
化粧品に含まれているコエンザイムQ10は、最大0.3%の含有量しか認められていません。
なのでそれ以上のコエンザイムQ10を摂取することはできないように作られています。

しかし皮膚科で処方されるクリームには高濃度のコエンザイムQ10が1%から3%含まれています。
これは、化粧品に比べると最大10倍以上のコエンザイムが含まれていることになります。
これらの基準は薬事法によって定められているため、医師による診断がなければ処方されません。
なので化粧品のように気軽に自分の意志で買えるものとは異なります。

Copyright© 2010 i heart CoQ10 All Rights Reserved.